コース概要




  鴛泊ルート   沓形ルート
 
  ■コース概況

■コース概況
 
   中級者の向きの登山者の多いルート。5合目までは樹林帯の緩やかな道ですが、森林限界を抜けた6合目から徐々に傾斜をまし、つづら折りの急登が始まります。8合目の長官山で初めて山頂を望むと、避難小屋のある鞍部まで少し下ります。9合目から山頂までは、浮石に足をとられて歩きにくい道が続きます。下山時に体力を消耗するので、ペース配分に注意して、十分な水分補給を行いましょう。

 上級者向きルート。6合目で森林限界を超えます。狛犬の坂で尾根筋に出てからは、急登と平当たんな場所が交互に現れます。山眺山からの雄大な眺めを楽しむと、ここから鴛泊コースとの合流地点までは難所の連続。特に親不知小不知と呼ばれる難所は事故が多く注意が必要です。このルートは、7月以降の雪どけ後に利用してください。足元が不安定なので、登りに使った方が安心です。
 
  ■登山口
  ■登山口
 
   鴛泊市街地から約5kmの北麓野営場が登山口です。下山後に使用済み携帯トイレを捨てる回収ボックスや靴洗い場があります。

 沓形市街登山口(利尻町役場前)から約5kmの見返台園地が登山入口です。見返代台園地には駐車場やトイレ、展望台が整っていますが、水飲み場はありません。
 
  ■コースタイム

■コースタイム
 
   標高差 1,490m 登り6時間・下り4時間
(長官山で登り30分・下り15分ほどの休憩時間を含む)。山頂で1時間の休憩を考えると、天候のいい日でも11時間必要です。

  標高差 1,280m 登り6時間・下り4時間。
(山頂での1時間の休憩を含めると11時間)見返台登山口が5合目にあり、鴛泊コースに比べると楽に目ますが、コースはかなりハードです。
 
         


 

鴛泊ルート


5合目
北麓野営場からおよそ1時間20分、エゾマツ・トドマツの大木の森をくぐりぬけます。 8号目
6合目
5合目からおよそ35分が通称第一見晴台、展望が開け礼文島や水平線が望めます。
7合目 6合目からおよそ35分が通称7曲(ななまがり)、ここからジグザグルートが7つ続きます。途中運が良ければシマリス(リップくん)に出会えるかも!
8合目 合目からおよそ1時間5分、長官山到着です。長官山の手前のガレバ直前は心臓破りといわれる難所もあります。ここまで来たら第1段階制覇! 山頂
9合目 長官山からおよそ10分で避難小屋があります。そこから35分のところが9合目、ここからが勝負です!
山頂 9合目からは1時間10分ほどですが足場が悪く、またルート沿いに危険な崩落箇所も多くなっています。頂上には祠が立っており、制覇記念に写真でも…視界がよければ大パノラマです!

沓形ルート

見返台園地 登山口は公園駐車場の道路沿いです。展望台からは登山道はありません(注意! 9号目
五葉の坂 登山口から1時間ほどで6合目です。緩やかな坂には高山植物も…!
礼文岩 6合目から25分ほどで7合目になります。手前に避難小屋があり見晴らしの良い高台になっています。
8合目 7合目から馬の背呼ばれる景観の良い稜線ルートを抜けるとおよそ50分で8合目になります。ここから上が勝負です! 合流地点
9合目 8合目からおよそ50分で9合目になりますが,三眺山からは鴛泊ルートが望め、利尻山の絶壁な稜線が現れます。
合流地点 9合目から鴛泊ルートまでの合流点手前が親不知子不知(おやしらずこしらず)という瓦礫が散乱する最も注意を要するルートです。落石の恐れもあるので慎重に渡りましょう!

このページの先頭へ