海の幸

利尻といえば「りしり昆布」!この肉厚な身から出てくるダシは天下一品です!このりしりこんぶを食しているのが「うに」 当然おいしいに決まっています…  

海草の王「昆布」

海草の王「昆布」 利尻昆布は利尻・礼文ばかりではなく稚内や留萌やオホーツク方面で採れる昆布も利尻昆布と呼ばれています。
だし昆布はもちろん、おぼろ・とろろ昆布・昆布茶などの加工品のほかだしをとったあとも煮物として利用できます。  
 

ガンゼ「バフンウニ」

ガンゼ「バフンウニ」 地元では「ガンゼ」と呼ばれるこのエゾバフンウニ!採取時期は6月から9月まで、この「ガンゼ」はなんといっても刺身、なまで食べるのが一番!
「うに丼」 は天下一品です。そのほかダイナミックな食べ方として「焼きウニ」(殻ごと焼く)も値段もお手ごろで見た目も楽しめます!これらは町内の食堂や沿道沿いの 漁師のお店屋さんで…!  


アワビ

アワビ 利尻で採れるアワビは歯ごたえがあってまずうまい!日本海の荒波と北の海で育っているから身が引き締まっているって感じです。
採取時期は10月から12月ごろまでですが、地元では焼いたり、煮付けたり、ウロ(内臓)も塩漬けにして珍味でいただいています。 

 

各種お刺身

各種お刺身 ソイやヒラメといった魚のお刺身も美味です!1匹まんまのでっかいソイを刺身にした後はアラで三平汁としていただけます。余すところのないといわれるソイやヒラメもちょっと贅沢かな?    

このページの先頭へ