議長挨拶

                                      更新日:平成27年2月2日

(2016 年頭のご挨拶から)
 
 町民の皆様、新年明けましておめでとうございます。
清らかな新春をお迎え、良き年のお慶びを心から申し上げ、利尻富士町に繁栄をもたらす最良の年となりますよう願っております。
皆様には、日頃より議会の活動に対し、深いご理解と温かいご支援を賜り、議員一同深く感謝申し上げます。
 本町議会は、議員全員がこの町、この島の発展を願って、常に議会活動が可能な状態となる通年議会制による議会づくりに取り組み、議会運営の充実、活性化を目指しているところであります。昨年は、本町教育の歴史と鬼脇地区の象徴である、小中併置校の建設事業が着手されました。地区の教育環境の整備が特性を生かした主体的な学校活動と指導の充実、地域づくりの拠点となることを確信し、本町発祥の地にふさわしい姿で生まれ変わることに期待するところであります。
 一方、近年は全国・世界各地で異常気象による未曽有の災害が相次ぎ、本町でも季節外れの爆弾低気圧、異常豪雨など常態化の傾向にあります。昨年十月の暴風波浪被害にあわれた方々にはお見舞いを申し上げますとともに、自然災害への備え、対応対策については議会においても検証・強化できるよう、努めて参りたいと思っております。
 今、まちづくりは時代の潮流とともに斬新な発想を必要としており、未来を切り拓いていくには私たち議員にも新たな時代感覚と崇高なビジョンを持って一翼を担っていくことが求められております。
 これから進められる「利尻富士町創生」が、次代を創る子どもたちのための基本なるよう、私たちは責任世代としての役割をしっかりと担い、町民一人ひとりが誇り高く、「このまちに住んで良かった」と実感できるまちづくりに、これからも全力を傾注してまいります。
 どうか本年も変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、新しい年が皆様にとりまして、希望に満ち溢れた素晴らしい年となりますようご祈念申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。

                        利尻富士町議会議長 前 田 芳 久前田議長
このページの先頭へ