高額療養費

会計課 税務こくほ係

~70歳未満の方はこんなときに高額療養費が支給されます~
 ・支払った自己負担額が高額となったときは、高額療養費が支給されますが、高額療養費は月単位
  で、医療機関ごと、入院・通院の別に、れぞれの自己負担額が21,000円以上のものを合計した
  額が、下記の表の自己負担限度額を超える場合です。

    高額療養費(70歳未満)

所得要件

限 度 額

 

 

※旧ただし書き所得

(世帯全員)

901万円超

 

252,600円+

(総医療費-842,000円)×1

【多数回該当:140,100円】

 

 

※旧ただし書き所得

(世帯全員)

600万円超~901万円以下

 

 

167,400円+

(総医療費-558,000円)×1

【多数回該当:93,000円】

 

 

※旧ただし書き所得

(世帯全員)

210万円超~600万円以下

 

 

80,100円+

(総医療費-267,000円)×1

【多数回該当:44,400円】

 

 

※旧ただし書き所得

(世帯全員)

210万円以下

 

 

 

57,600

【多数回該当:44,400円】

 

 

住民税非課税

(世帯全員)

 

 

 

35,400

【多数回該当:24,600円】

    
    旧ただし書き所得とは、総所得総額から基礎控除(33万円)を引いた所得です。


~70歳以上の方はこんなときに高額療養費が支給されます~
 ・月単位で自己負担額(すべて合算したもの)が下記の表の自己負担限度額を超える場合です。

高額療養費(70歳以上)

 

所得要件

限度額

(個人単位外来)

限度額

(世帯単位入院含む)

 

 

 

 

現役並み所得者

1

 

 

 

 

課税所得

690万円以上

 

252,600円+

(総医療費-842,000円)×1 

【多数回該当:140,100円※4  

 

課税所得

380万円以上
690万円未満

 

167,400円+

(総医療費-558,000円)×1 

【多数回該当:93,000円※4  

課税所得

145万円以上
380万円未満

80,100円+

(総医療費-267,000円)×1 

【多数回該当:44,400円※4  

 

一般

 

課税所得

145万円未満

12,000

57,600
【多数回該当:44,400円※4

 

低所得者Ⅱ

2

 

住民税

非課税

8,000

24,600

 

低所得者Ⅰ

3

 

 

住民税非課税

(所得が一定以下)

8,000

15,000


※1「現役並み所得者」とは、70歳以上の被保険者のうち、1人でも基準所得以上(課税所得145万
  円以上かつ収入383万円以上、2人以上の場合は収入520万円以上)の方がいる世帯に属する方

※2「低所得者Ⅱ」とは、世帯主と世帯に属するすべての被保険者が、市町村民税非課税の方

※3「低所得者Ⅰ」とは、世帯主と世帯に属するすべての被保険者が、市町村民税非課税で、かつ所
  得が一定基準以下の世帯に属する方

※4「多数回該当」とは、高額療養費の支給が過去12ヵ月以内に4回以上になったときの4回目からの
  限度額をいいます


問い合わせ先
会計課税務こくほ係



このページの先頭へ