基本テンプレート

 湯泳館(ゆうえいかん)  ご利用のご案内

館内のご案内 | ご利用のご案内

  利尻富士温泉プール「湯泳館」(以下、「当施設」)のご利用につきましては、皆さまが快適にご利用いただくために、下記の事項を厳守されますようお願い申し上げます。
  また、当施設が、健康づくりと憩いの場として、常に清潔で楽しい雰囲気を保ち続けられますよう、皆さまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

○皆さまが安全かつ快適に過ごせますよう以下の点にご協力ください。
営業のご案内

 主な注意事項

1. 水着、水泳帽子を必ず着用願います。
2. 遊泳・歩行時の衝突事故防止のためレーン内は右側遊泳・右側歩行でお願いします。
3. 水面からアゴの出ない幼児・児童は必ず保護者(20歳以上)が水着で付き添ってください。(付添者は幼児・児童等1名に保護者1名とします)
4. 化粧は必ず落として入場ください。
5. オムツが取れていない乳幼児はプールを使用することができません。(水遊び場のみプール専用オムツを利用できます)
※入場は温泉保養施設入口よりお入りください。

 ご利用料金

区分 町内に在住の方 町外の方
一般(中学生以上・大人) 200円 300円
一般(高齢者) 100円 200円
一般(身障者) 100円 200円
児童(小学生) 100円 200円
幼児
(小人、小学校就学前)
無料 100円
入場券は、温泉保養施設入口の券売機でご購入ください。
(券売機は温泉保養施設と併用です。お間違えのないように・・・)
購入された入場券は、温泉保養施設からの渡り廊下を通ってプール棟休憩ロビーの受付係員にお渡しください。

レンタル料金

用 品 料 金 備 考
水着(男性用・女性用) 300円 男性用 : S・M・L・O・XO
女性用 : SS・S・M・L・O
スイミングキャップ 100円 大人用
ゴーグル 100円 大人用
バスタオル 200円
※ゴーグル、スイミングキャップ・耳栓は販売も行います。

 入場

(1) 館内はすべて土足禁止です。温泉保養施設入口の靴箱をご利用ください。
(2) 衣類、持ち物は更衣室内ロッカーをご利用ください。 ご利用の際には、必ずキーバンドを抜き取り施錠してください。 紛失・盗難につきましては当施設では一切責任を負いません。
(3) キーバンドは手首につけてご利用ください。
(4) 最終入館時間は7時30分、最終遊泳時間は7時50分です。
(5) メガネ、杖はロッカー室までとし、プールサイドへの持込はできません。
(6) プール専用の車椅子(1台)をご用意しています。ご利用の際は係員へ申し出てください。
(7) シャワーコーナーでのシャンプー、ボディシャンプー、石鹸等は使用できません。
(8) 見学される方は無料ですが、温泉保養施設受付カウンター備付の見学カードをプール棟受付カウンターへ提出してください。(見学者は休憩ホールまで入場可能です。プールサイドへの入場はできません)

 退場

(1) ロッカーのキーバンドは必ずもとのロッカーに差した状態で戻してください。持ち帰りは絶対にしないよう願います。
(2) ロッカーキー(鍵)は、施設の備品です。紛失した場合は実費を頂くことになります。
(3) 退場時には靴の履き間違えのないようお願いします。

 利用区分と時間

(1) 週間の基本利用スケジュールです。
教室等の開催される場合は参加者以外は利用できません。
小中学校の水泳授業もありますので、ご利用時間をご確認願います。

曜日 レーン 13:00~15:00 15:00~17:00 17:00~20:00
休館日


山側 水中ウォーキング
(山側レーン専用)
水中ウォーキング
(山側レーン専用)
水中ウォーキング
(山側レーン専用)
中央
海側
一般開放スイミング
(大人、高齢者、身障者)
水深1.2m
※全開放スイミング
(大人、高齢、身障、
幼児、児童)
水深1.0m
全開放スイミング
(大人、高齢、身障、
幼児、児童)
水深1.1m


山側 水中ウォーキング
(山側レーン専用)
水中ウォーキング
(山側レーン専用)
水中ウォーキング
(山側レーン専用)
中央
海側
一般開放スイミング
(大人、高齢者、身障者)
水深1.2m
※全開放スイミング
(大人、高齢、身障、
幼児、児童)
水深1.0m
一般開放スイミング
(大人、高齢、身障)
水深1.1m
山側 幼児・児童開放
(保護者利用可能)
水深1.0m
水中ウォーキング
(山側レーン専用)
    水中ウォーキング
(山側レーン専用)
中央
海側
一般開放スイミング
(大人、高齢、身障)
水深1.2m
      ※全開放スイミング
  (大人、高齢、身障,
          幼児、児童)
水深1.0m 
山側 幼児・児童開放
(保護者利用可能)
水深1.0m
水中ウォーキング
(山側レーン専用)
中央
海側
一般開放スイミング
(大人、高齢、身障)
水深1.2m

※遊泳・歩行時の衝突事故防止のためレーン内は右側遊泳・右側歩行でお願いします。
※水面からアゴの出ない児童は、必ず父母又は20歳以上の方がプールサイドで付き添ってください。(小学生以下の利用区分の時間帯は付添者もご利用できます。)
※20mプール以外は区分に関係なく自由にご利用いただけます。


 利用上のお願い

<次のものは持ち込みできません>
  ・飲食物、たばこ、雑誌、新聞、サンオイル、日焼け止めなどの油類等

<プールサイドでの注意事項>
(1) プールに入るときは、必ず強制シャワー(1秒程度立ち止まりますとシャワーが出ます)を浴び、準備運動をしてください。
(2) プールサイドを走ったり、飛び込んだり、危険な遊びはしないでください。
(3) 1時間毎に10分の休憩時間(強制)を設けています。休憩時間、また遊泳後の合間には採暖室で冷えた体を温めて、筋肉の疲れを癒して下さい。
(4) 月ごとに各種教室や学校授業が予定されています。予約が優先されますので、お間違いのないようご利用願います。
(5) 係員の指示には必ず従ってください。

<注意事項>
(1) 見学者(無料)は休憩ホールまで入場できます。プール室内に入場する方は有料となるため、入場券を購入してください。
※見学者及び小学校就学前の幼児(町民のみ)は温泉受付備え付けの『カード』を温泉プール受付へ提出すること。
(2) 長い時間の遊泳は危険ですので、休憩を充分にとりながら遊泳してください。
(3) 最終入館時間は午後7時30分。最終遊泳時間は午後7時50分までとなっています。
(4) エアロバイク(自転車運動機)やクロストレーナー(走行運動機)をご利用される方も、温泉プール入場券が必要です。ご利用にあたっては器具の注意事項をお守りください。
(5) 一般利用者のグループ練習はお控えください。
(6) プール内は水着とキャップ着用ですが、タオル、Tシャツ類を持込む場合は、入口通路で強制シャワーを浴びることになりますので、防水タイプの袋に収納し、入場してください。
(7) シャワー室でのシャンプー、ボディソープ、石鹸等は使用できません。
(8) 水着のまま温泉保養施設への移動はできません。



その他ご不明な点などございましたら、お気軽に係員までお申し出ください。

施設のご案内 施設の概要についてはこちらです。

 お問い合わせ

所在地:利尻郡利尻富士町鴛泊字栄町227-6
利尻富士温泉プール「湯泳館」(ゆうえいかん)
利尻富士温泉保養施設TEL:0163-82-2388

館内のご案内 | ご利用のご案内
このページの先頭へ