◎ワンストップ特例制度について

  
 ふるさと納税による税の軽減を受けるためには、確定申告又は個人住民税の申告を行う必要がありますが、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告等を行わなくても税の軽減を受けることができるようになりました。
 ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税の軽減相当額を含めて、個人住民税からまとめて控除されます。(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます。)

【重要!】特例申請発送について変更点(2017年12月10日~12月31日まで)

ワンストップ特例の発送がされておりますが2017年12月10日から31日の期間について発送は行いませんのでご了承願います。申請される方はダウンロードし必要事項及び提出書類を揃えたうえで、1月10日までに役場へ提出願います。

(変更内容)ワンストップ特例申請書の発送
(1)クレジットカード払い 12月10日(日)までの寄附申込分まで
(2)郵便払込票払い・現金払い 12月10日(日)までに寄附申込分ま、且つ、12月15日(金)までに「入金日(※注意)」分まで

(※注意)郵便払込票・現金払いの場合、寄付者様が入金・発送された日が「入金日」にはなりませんのでご了承願います。
 ここでの「入金日」とは郵便局からのお知らせが役場に到着した時点を指します(入金されてから平均的に3~5日で役場へ到着となります)。



☆ふるさと納税ワンストップ特例を利用出来る人は?

 平成29年分寄附に対して特例を申請する場合は、次の2つの条件をすべて満たす必要があります。

 ① 確定申告を行う必要がない方

  
  ・確定申告を行わなければならない自営業者等の方や、給与所得者の方でも年収2,000万円を超える
   所得者や、医療費控除等で確定申告を行う方などは対象となりません。

  ・「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、確定申告等をされた場合、ワンストップ
   特例の適用は受けられなくなります。申告をする場合は、寄附金に関する申告もお忘れのないようご注
   意ください。

  ふるさと納税をされる自治体の数が5以下であると見込まれる方

  ・5以下の地方公共団体に寄附する予定で、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、
   結果として6以上の地方公共団体に寄附をされた場合、全ての寄附について特例の適用は受けられなくな
   りますので、必ず確定申告等を行ってください。

☆ふるさと納税ワンストップ特例の手続きは?

 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を利尻富士町に提出していただく必要があります。
  
・利尻富士町へ寄附の申込をする際、ワンストップ特例の適用を希望された方には、寄附金受領証明書
  送付時に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を同封しますので、必要事項を記入のうえ、署名、
  捺印をして利尻富士町へ返送してください。(FAX及び電子メールは不可)

【 注意 】

平成29年寄附分の申請より「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に
            マイナンバー(個人番号)の記入が必要となります。
  また、 申請書と一緒に「個人番号を確認する書類」と「本人確認の書類」を
            提出することが必須となりました。

      マイナンバーカードを
持っている方
イナンバーカードを
持っていない方
 
 マイナンバーカードと通知カードの
どちらも持っていない方


個人番号確認書類
 

 マイナンバーカード
表裏両面のコピー
 通知カードのコピー 個人番号が記載された
住民票のコピー 

本人確認書類


 下記のいずれかの
身分証のコピー
・運転免許証
・運転免許経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳 
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
 下記のいずれかの
身分証のコピー
・運転免許証
・運転免許経歴証明書
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書

    

☆特例申請書を提出した後、氏名や住所変更などがあった場合は?

  特例申請書の内容に変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日までに、利尻富士町へ変更届出
  書を提出してください。

  ※住民税は1月1日時点で住所がおいてある市町村で課税されます。
   特例申請者様が登録の際に記載いただいた住所から市役所を特定し、そこに利尻富士町役場から
   申請手続きを送付しますので、年内中に住所変更があった場合は速やかに「変更届出書」の提出
   をお願いします。


    

☆特例申請書用返信封筒

  特例申請書を提出の際は下記の封筒をダウンロードし印刷(A4サイズ)すると便利です。
  郵送(切手)代はご自身の負担となりますのでご了承願います。
  ※同封書類のチェックリストは確認後、捨てて下さい(決して封筒の表面に貼らないで下さい)。
   また、紙によっては中身が透けてしまうので厚地の紙又は見えない工夫をお願いします




このページの先頭へ