2017年05月09日

妊活を応援しています♪

不妊治療費等助成事業の助成拡大について

これまでの不妊治療(特定不妊治療及び人工授精)にかかる費用の助成(特定不妊治療は30万円、人工授精は15万円を限度)の他に、通院治療に伴う交通費と宿泊費の一部を新たに助成します。

助成対象(※特定不妊治療の医療機関は北海道知事の指定又は定めた医療機関に限る)

①島外(道外除く)の医療機関で特定不妊治療、人工授精の不妊治療のため通院治療した方
②婚姻をしている夫婦であり、利尻富士町に住所を有する方
③町税等の滞納の無い方

助成の範囲

交通費
 通院する医療機関の所在地まで利用した交通機関(フェリー(全額助成)、鉄道、都市間バ
 ス、航空機、自家用車)の往復に要した交通費の2/3の額(10円未満切り捨て)
 ※自家用車を利用した場合は、利用区間に応じた鉄道運賃を基準に算定します。
宿泊費
 通院のため宿泊が必要な場合の、3泊を限度とした1泊9,000円を上限にその1/2の額(10円
 未満切り捨て)

申請手続き

・申請書類等をお渡ししますので、保健センターへご連絡下さい。
・申請には、医療機関の受診証明と領収証、交通機関の利用券等利用を証明できる書類、宿泊施
 設の領収証、戸籍謄本、その他北海道の助成事業決定通知書等が必要です。
・原則、治療が終了した日から2ヶ月以内に申請してください。
・申請書のダウンロードはこちら

各種相談・お問い合せは

利尻富士町総合保健福祉センター
電話 0163-82-2320 FAX 0163-89-2016

このページの先頭へ